注文住宅・アパート建築。ファンタジー溢れる住宅やアパートで地域を明るくする建築会社。ネイブレイン

無料耐震診断

NABRAINのfacebookページへ
無料耐震診断 耐震診断とは?
建物の構造的な強度を調査し、想定される地震に対する安全性(耐震性)や、その時に受ける被害の程度を診断します。地震による破砕や倒壊を未然に防ぐための目的で行われるのはもちろんのこと、お家を長持ちさせるために劣化の様子を知ることで、今後のメンテナンスをどうするべきかが明確になります。 住宅の状態はまさに千差万別。現在のお家の状態を知ることがすべての始まりです。
増改築やリフォームをお考えなら事前に耐震診断を!!




▲木造住宅の耐震診断現地調査として、屋根裏に上って筋交いや接合の金物、屋根裏の状況など様々な内容を見たり触ったり専用の器具で調査します。
どういった基準で診断するの?
ネイブレインは、日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(以下、木耐協)の組合員です。木耐協で実施している耐震診断は、国土交通省住宅局監修の「木造住宅の耐震診断と補強方法」における「一般診断法」に準拠しています。現在一般的に実施されている耐震診断の手法で、自治体で行なわれている耐震診断もこの耐震診断方法に基づいたものです。


日本木造住宅耐震補強事業者協同組合
耐震診断でわかること
必要な強さ(Qr)
お家の広さや地盤などの条件から、そのお家に必要な強さがわかります。

評価できる強さ(Pd)
耐震診断の結果、壁の強さ、壁の配置、劣化度を考慮して、あなたのお家の評価できる強さ(保有耐力Pd)がわかります。

つよさ(P)
あなたのお家に配置されている壁の仕様や配置の量から、あなたのお家の強さを判断します。壁の強さが足りない場合は、より強い壁(耐力壁)を設置する補強工事が必要となります。

配置(E)
十分な量の壁があっても配置のバランスが悪ければ倒壊の原因となってしまいます。建物の配置バランスを知ることで、どこの壁を改善すればよいのかがわかります。

劣化度(D)
家屋に劣化が見られると、本来持っているはずの力が発揮できなくなります。劣化の様子を知ることで、今後どのようなメンテナンスを継続すればよいのかがわかります。




▲床下では、基礎の状態や束、土台、換気口など調査箇所が沢山あります。土台や束など、木の部分の含水率や基礎の強度などは、専用の機械を使って測定します。
診断できる家屋の条件(以下の全てに該当すること)
・木造在来工法2階建て以下の家屋
・持ち家であること
・昭和25年以降平成12年5月までに着工された家屋であること
 
診断の流れ
1.建物の概要・建物の仕様を調査します。
 建物の構造や築年数、屋根の情報などの概要の確認と、外壁材、接合部、床の仕様といった建物の基本的な情報を確認します。


2.地盤・地形・基礎の調査および劣化状態の調査を行います。
 建物周辺の地盤・地形の状態を調査するとともに、建物の基礎の状態や劣化の状態等を調査します。
 劣化調査においては、建物の各部位のはがれ、亀裂、ずれなどを詳細に調査するとともに、建物の傾き等についても調査します。

3.平面図作成
 建物の間取りや建物内に配されている壁の状態、また筋かいの仕様等を確認します。
 また必要に応じて小屋裏・床下に潜っての調査も行います。
 上記の調査につきましては、木耐協事務局で統一の書式を作っており、全国各地で同様の基準による耐震診断を可能としています。

4.耐震診断書の作成
 現地調査で確認したデータをもとに、耐震診断書を作成します。
 また、必要に応じて耐震補強プラン等も作成しています。


家賃55,000円利回り10% 55HOUSE オトナの隠れ家マイキャビン アパート建築フリープラン リニュアル仲介

R+house 岡崎 トチスマ・ショップ 岡崎店 トチスマ・ショップ 赤池店

資産形成コンサルタントブログ ネイブロ 住宅ブログ 大阪支店大阪ブログ

一般社団法人相続対策生前支援センターへ YouTubeチャンネルへ 光熱費0の家CasaSole(カーサソーレ)へ Q値の秘密
このページのTOPに戻る