サ―ビス付高齢者向け住宅 =ネイブレイン=

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅 とは、国土交通省・厚生労働省が所轄する「高齢者住まい法」に基づく制度に準拠した住宅のことで、

「単身や夫婦のみの高齢者世帯が、安心して居住できる賃貸等の住まい」をいいます。

  • 高齢者単身・夫婦世帯の増加
  • 要介護度の比較的低い高齢者も特別養護施設の申込者となっている現況
  • 諸外国と比較し、不足している高齢者住宅

こういった状況が背景となり、これまでの「住宅」と「施設」、制度を見直し、

「入居者保護」と「供給促進」を推進していこうと サービス付き高齢者向け住宅 の登録制度は導入されました。

 

「必要なサービスを受けながら暮らすことができる場」としては、もちろん、

「地域の福祉・医療・交流の場」、「世代交流の場」としても期待される一方 、土地活用術としても注目される サービス付き高齢者向け住宅 。 一体その特徴とはどのようなものになるのでしょうか?

 

登録基準とその特徴

サービス付き高齢者向け住宅の登録制度には3つの基軸を定めています。

1.規模・施設・・・高齢者にふさわしいハード

  • 床面積は原則25㎡以上であること
  • 台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室を原則備えたものであること
  • バリアフリー構造であること

2.サービス・・・安心できる見守りサービス

 ケアの専門家による

  • 安否確認サービス
  • 生活相談サービス

 ケアの専門家が少なくとも日中建物に常駐しサービスを提供します。

3.契約関係

  • 書面により契約を締結すること
  • 専門部分が明示された契約であること。
  • 長期入院などを理由に事業者から一方的に解約できないなど、居住の安定が図られた契約内容であること。
  • 敷金・家賃・サービスの対価以外の金銭の徴収しないこと。
  • 前払金について入居者保護が図られていること。

また、登録は、都道府県・政令市・中核市が行い、行政により事業者へ指導・監督を行います。

登録は建物ごとに行い、 5年ごとの更新制 となります。


サービス付き高齢者向け住宅 は行政が認可する公認の賃貸住宅であり、登録されている住宅はすべて一定の基準を満たしていることになります。今後さらに供給増加が予想される「サービス付き高齢者向け住宅」。 住まい経営の選択肢として、考えられてはいかがでしょうか?

供給への補助・支援について

入居者保護と供給促進を目的とする登録された 【サービス付き高齢者向け住宅】には、

建設・設備を行う事業者向けにも各種支援策が用意されています。

【 補 助 金 制 度 】 

補助額: 建設費の1/10   改修費の1/3  (国費上限100万円/戸)

【 税 制 優 遇 概 要 】

サ高住 税制優遇

【 融 資 優 遇】

サ高住 融資支援

【 補助金交付までの流れ 】

ネイブレインと サ高住 ①

一括借上げ長期保証

補助金活用 太陽光発電システム

<一括借上げ・長期保証を取り入れた新しいカタチの土地活用術>

高齢社会を背景に高齢者住宅の需要は加速度的に拡大しています。

ネイブレインでは、日本管理センター株式会社様と連携し、 一括借上げ長期保証を取り入れた全く新しいカタチの土地活用術 をご提案いたします。

  • オーナー様は空室率が上がっても収入が減ることがない
  • 借上げ賃料よりも家賃収入が少なくなる逆ザヤのリスクの回避
  • 損害保険のバックアップがついた収益配分型のサブリースによる安定収入

をモデル化し、建設から運営までをトータルコーディネート、オーナー様に安心・安定経営を実現します。

 

<補助金を最大限に活用した「太陽光発電システム」>

ネイブレインでは、サービス付き高齢者向け住宅を建築する際に適用される補助金制度を最大限活用し、

「太陽光発電システム」の導入 を推奨いたします。

サービス付き高齢者向け住宅の建築規模で搭載される太陽光発電システムから、どれくらいの収入が見込めるのでしょうか?

実は、 年間約200万円 の収入を見込むことができます。

補助金のご説明は別トピックでしましたが、では、 太陽光発電システムを補助金で導入することができたらどうでしょう?

オーナー様の安定的な収入源を確保のためにとなることはもちろん、売電収入を元手に

  • 借入資金の繰り上げ返済
  • 新規設備の導入
  • 再投資

など、経営の幅は広がるのではないでしょうか?

株式会社 ネイブレイン

ネイブレインと サ高住 ②

物件力 と  地域社会への貢献へ

<ネイブレインの物件力>

ネイブレインでは、数多くのアパート建築・経営サポートを行ってきました。

  • 徹底的な市場調査
  • 戦略的なプランニング
  • 圧倒的なデザイン

時間が経過するほどに人気が高くなる その「物件力」には自身があります。

 

<地域に必要な住まいとして認知されるように>

「サービス付き高齢者向け住宅」事業へは、医業・介護事業、不動産賃貸業など、多岐にわたる分野を徹底的に分析し、

オーナー様への要望対応・コスト周りのお手伝いなど、経験に基づいたノウハウを活かした導入支援・経営支援をいたします。

  • 高齢者住宅に興味がある
  • 次の世代に資産をどのように残すのかお悩みの方
  • アパートを経営しているが、空室対策にお悩みの方
  • サ高住経営もしくはアパート経営の提案を受けている方
  • 相続税がいくらかかるのか不安だけど、先延ばしになっている方
  • 遊休地・2等立地の活用がしたい
  • 駐車場を経営しているが、空きが目立って不安
  • 「老後マネー」についてお考えの方

以上に心当たりのある方は、是非 ネイブレイン まで、お問い合わせください。

株式会社 ネイブレイン

LINK

岡崎市・豊田市・安城市 三河地方の「サービス付き高齢者向け住宅」「アパート建築・経営」「注文住宅」

「相続対策」

相続対策支援センター

「岡崎市・豊田市・安城市の不動産」

トチスマショップ岡崎店

「日進市・長久手市・東郷町・みよし市の不動産」

トチスマショップ 赤池店

サ―ビス付高齢者向け住宅 =ネイブレイン=

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅 とは、国土交通省・厚生労働省が所轄する「高齢者住まい法」に基づく制度に準拠した住宅のことで、

「単身や夫婦のみの高齢者世帯が、安心して居住できる賃貸等の住まい」をいいます。

  • 高齢者単身・夫婦世帯の増加
  • 要介護度の比較的低い高齢者も特別養護施設の申込者となっている現況
  • 諸外国と比較し、不足している高齢者住宅

こういった状況が背景となり、これまでの「住宅」と「施設」、制度を見直し、

「入居者保護」と「供給促進」を推進していこうと サービス付き高齢者向け住宅 の登録制度は導入されました。

 

「必要なサービスを受けながら暮らすことができる場」としては、もちろん、

「地域の福祉・医療・交流の場」、「世代交流の場」としても期待される一方 、土地活用術としても注目される サービス付き高齢者向け住宅 。 一体その特徴とはどのようなものになるのでしょうか?

 

登録基準とその特徴

サービス付き高齢者向け住宅の登録制度には3つの基軸を定めています。

1.規模・施設・・・高齢者にふさわしいハード

  • 床面積は原則25㎡以上であること
  • 台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室を原則備えたものであること
  • バリアフリー構造であること

2.サービス・・・安心できる見守りサービス

 ケアの専門家による

  • 安否確認サービス
  • 生活相談サービス

 ケアの専門家が少なくとも日中建物に常駐しサービスを提供します。

3.契約関係

  • 書面により契約を締結すること
  • 専門部分が明示された契約であること。
  • 長期入院などを理由に事業者から一方的に解約できないなど、居住の安定が図られた契約内容であること。
  • 敷金・家賃・サービスの対価以外の金銭の徴収しないこと。
  • 前払金について入居者保護が図られていること。

また、登録は、都道府県・政令市・中核市が行い、行政により事業者へ指導・監督を行います。

登録は建物ごとに行い、 5年ごとの更新制 となります。


サービス付き高齢者向け住宅 は行政が認可する公認の賃貸住宅であり、登録されている住宅はすべて一定の基準を満たしていることになります。今後さらに供給増加が予想される「サービス付き高齢者向け住宅」。 住まい経営の選択肢として、考えられてはいかがでしょうか?

供給への補助・支援について

入居者保護と供給促進を目的とする登録された 【サービス付き高齢者向け住宅】には、

建設・設備を行う事業者向けにも各種支援策が用意されています。

【 補 助 金 制 度 】 

補助額: 建設費の1/10   改修費の1/3  (国費上限100万円/戸)

【 税 制 優 遇 概 要 】

サ高住 税制優遇

【 融 資 優 遇 】

サ高住 融資支援

【 補助金交付までの流れ 】

ネイブレインと サ高住 ①

一括借上げ長期保証

補助金活用 太陽光発電システム

<一括借上げ・長期保証を取り入れた新しいカタチの土地活用術>

高齢社会を背景に高齢者住宅の需要は加速度的に拡大しています。

ネイブレインでは、日本管理センター株式会社様と連携し、 一括借上げ長期保証を取り入れた全く新しいカタチの土地活用術 をご提案いたします。

  • オーナー様は空室率が上がっても収入が減ることがない
  • 借上げ賃料よりも家賃収入が少なくなる逆ザヤのリスクの回避
  • 損害保険のバックアップがついた収益配分型のサブリースによる安定収入

をモデル化し、建設から運営までをトータルコーディネート、オーナー様に安心・安定経営を実現します。

 

<補助金を最大限に活用した「太陽光発電システム」>

ネイブレインでは、サービス付き高齢者向け住宅を建築する際に適用される補助金制度を最大限活用し、

「太陽光発電システム」の導入 を推奨いたします。

サービス付き高齢者向け住宅の建築規模で搭載される太陽光発電システムから、どれくらいの収入が見込めるのでしょうか?

実は、 年間約200万円 の収入を見込むことができます。

補助金のご説明は別トピックでしましたが、では、 太陽光発電システムを補助金で導入することができたらどうでしょう?

オーナー様の安定的な収入源を確保のためにとなることはもちろん、売電収入を元手に

  • 借入資金の繰り上げ返済
  • 新規設備の導入
  • 再投資

など、経営の幅は広がるのではないでしょうか?

株式会社 ネイブレイン

ネイブレインと サ高住 ②

物件力 と  地域社会への貢献へ

<ネイブレインの物件力>

ネイブレインでは、数多くのアパート建築・経営サポートを行ってきました。

  • 徹底的な市場調査
  • 戦略的なプランニング
  • 圧倒的なデザイン

時間が経過するほどに人気が高くなる その「物件力」には自身があります。

 

<地域に必要な住まいとして認知されるように>

「サービス付き高齢者向け住宅」事業へは、医業・介護事業、不動産賃貸業など、多岐にわたる分野を徹底的に分析し、

オーナー様への要望対応・コスト周りのお手伝いなど、経験に基づいたノウハウを活かした導入支援・経営支援をいたします。

  • 高齢者住宅に興味がある
  • 次の世代に資産をどのように残すのかお悩みの方
  • アパートを経営しているが、空室対策にお悩みの方
  • サ高住経営もしくはアパート経営の提案を受けている方
  • 相続税がいくらかかるのか不安だけど、先延ばしになっている方
  • 遊休地・2等立地の活用がしたい
  • 駐車場を経営しているが、空きが目立って不安
  • 「老後マネー」についてお考えの方

以上に心当たりのある方は、是非 ネイブレイン まで、お問い合わせください。

株式会社 ネイブレイン

LINK

岡崎市・豊田市・安城市 三河地方の「サービス付き高齢者向け住宅」「アパート建築・経営」「注文住宅」

「相続対策」

相続対策支援センター

「岡崎市・豊田市・安城市の不動産」

トチスマショップ岡崎店

「日進市・長久手市・東郷町・みよし市の不動産」

トチスマショップ 赤池店

サ―ビス付高齢者向け住宅 =ネイブレイン=

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅 とは、国土交通省・厚生労働省が所轄する「高齢者住まい法」に基づく制度に準拠した住宅のことで、

「単身や夫婦のみの高齢者世帯が、安心して居住できる賃貸等の住まい」をいいます。

  • 高齢者単身・夫婦世帯の増加
  • 要介護度の比較的低い高齢者も特別養護施設の申込者となっている現況
  • 諸外国と比較し、不足している高齢者住宅

こういった状況が背景となり、これまでの「住宅」と「施設」、制度を見直し、

「入居者保護」と「供給促進」を推進していこうと サービス付き高齢者向け住宅 の登録制度は導入されました。

 

「必要なサービスを受けながら暮らすことができる場」としては、もちろん、

「地域の福祉・医療・交流の場」、「世代交流の場」としても期待される一方 、土地活用術としても注目される サービス付き高齢者向け住宅 。

一体その特徴とはどういったものになるのでしょうか?

 

登録基準とその特徴

サービス付き高齢者向け住宅の登録制度には3つの基軸を定めています。

1.規模・施設・・・高齢者にふさわしいハード

  • 床面積は原則25㎡以上であること
  • 台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室を原則備えたものであること
  • バリアフリー構造であること

2.サービス・・・安心できる見守りサービス

 ケアの専門家による

  • 安否確認サービス
  • 生活相談サービス

 ケアの専門家が少なくとも日中建物に常駐しサービスを提供します。

3.契約関係

  • 書面により契約を締結すること
  • 専門部分が明示された契約であること。
  • 長期入院などを理由に事業者から一方的に解約できないなど、居住の安定が図られた契約内容であること。
  • 敷金・家賃・サービスの対価以外の金銭の徴収しないこと。
  • 前払金について入居者保護が図られていること。

また、登録は、都道府県・政令市・中核市が行い、行政により事業者へ指導・監督を行います。

登録は建物ごとに行い、 5年ごとの更新制 となります。


サービス付き高齢者向け住宅 は行政が認可する公認の賃貸住宅であり、登録されている住宅はすべて一定の基準を満たしていることになります。今後さらに供給増加が予想される「サービス付き高齢者向け住宅」。 住まい経営の選択肢として、考えられてはいかがでしょうか?

供給への補助・支援について

入居者保護と供給促進を目的とする登録された 【サービス付き高齢者向け住宅】には、

建設・設備を行う事業者向けにも各種支援策が用意されています。

【 補 助 金 制 度 】 

補助額: 建設費の1/10   改修費の1/3  (国費上限100万円/戸)

【 税 制 優 遇 概 要 】

サ高住 税制優遇

【 融 資 優 遇】

サ高住 融資支援

【 補助金交付までの流れ 】

ネイブレインと サ高住 ①

一括借上げ長期保証

補助金活用 太陽光発電システム

<一括借上げ・長期保証を取り入れた新しいカタチの土地活用術>

高齢社会を背景に高齢者住宅の需要は加速度的に拡大しています。

ネイブレインでは、日本管理センター株式会社様と連携し、 一括借上げ長期保証を取り入れた全く新しいカタチの土地活用術 をご提案いたします。

  • オーナー様は空室率が上がっても収入が減ることがない
  • 借上げ賃料よりも家賃収入が少なくなる逆ザヤのリスクの回避
  • 損害保険のバックアップがついた収益配分型のサブリースによる安定収入

をモデル化し、建設から運営までをトータルコーディネート、オーナー様に安心・安定経営を実現します。

 

<補助金を最大限に活用した「太陽光発電システム」>

ネイブレインでは、サービス付き高齢者向け住宅を建築する際に適用される補助金制度を最大限活用し、

「太陽光発電システム」の導入 を推奨いたします。

サービス付き高齢者向け住宅の建築規模で搭載される太陽光発電システムから、どれくらいの収入が見込めるのでしょうか?

実は、 年間約200万円 の収入を見込むことができます。

補助金のご説明は別トピックでしましたが、では、 太陽光発電システムを補助金で導入することができたらどうでしょう?

オーナー様の安定的な収入源を確保のためにとなることはもちろん、売電収入を元手に

  • 借入資金の繰り上げ返済
  • 新規設備の導入
  • 再投資

など、経営の幅は広がるのではないでしょうか?

株式会社 ネイブレイン

ネイブレインと サ高住 ②

物件力 と  地域社会への貢献へ

<ネイブレインの物件力>

ネイブレインでは、数多くのアパート建築・経営サポートを行ってきました。

  • 徹底的な市場調査
  • 戦略的なプランニング
  • 圧倒的なデザイン

時間が経過するほどに人気が高くなる その「物件力」には自身があります。

 

<地域に必要な住まいとして認知されるように>

「サービス付き高齢者向け住宅」事業へは、医業・介護事業、不動産賃貸業など、多岐にわたる分野を徹底的に分析し、

オーナー様への要望対応・コスト周りのお手伝いなど、経験に基づいたノウハウを活かした導入支援・経営支援をいたします。

  • 高齢者住宅に興味がある
  • 次の世代に資産をどのように残すのかお悩みの方
  • アパートを経営しているが、空室対策にお悩みの方
  • サ高住経営もしくはアパート経営の提案を受けている方
  • 相続税がいくらかかるのか不安だけど、先延ばしになっている方
  • 遊休地・2等立地の活用がしたい
  • 駐車場を経営しているが、空きが目立って不安
  • 「老後マネー」についてお考えの方

以上に心当たりのある方は、是非 ネイブレイン まで、お問い合わせください。

株式会社 ネイブレイン

LINK

岡崎市・豊田市・安城市 三河地方の「サービス付き高齢者向け住宅」「アパート建築・経営」「注文住宅」

「相続対策」

相続対策支援センター

「岡崎市・豊田市・安城市の不動産」

トチスマショップ岡崎店

「日進市・長久手市・東郷町・みよし市の不動産」

トチスマショップ 赤池店